【脱不幸論】自分だけの人生を。

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

自分を好きになるために

こんにちは、たけうちです。

はじめましての方は、こちらの記事もご覧ください。

 

www.takeuchipsychology.com

 

今が不幸な人は、高確率で今の自分が嫌いであることが多いです。

今の自分を好きになれなくて、ありのままの自分を受け入れるということができないから、苦しみを抱えてしまっているのです。

 

他の記事でも何度も伝えてきていますが、僕たちが幸せになるには自分を愛することが大切で、そのためには自分を好きになることが大切になってきます。

なので、幸せになりたいと願うのであれば、まずは自分を好きになる努力をしていく必要があるのです。

 

では、どのようにしたら自分を嫌うことをやめて、好きになることが出来るのでしょうか。

今回の記事では、自分を好きになる方法についてお話していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

「ない」ではなく「ある」を見る

なぜ自分のことが嫌いになってしまうのか、ありのままの自分を受け入れられなくなってしまうのかといえば、それは自分の欠乏に目を向けているからです。

つまり、自分のない部分にばかり注視し、ある部分には目を向けれていないので、必然とダメな自分を感じるようになり、自分を嫌っていってしまうのです。

 

なので、自分を好きになるために「ない」部分に目を向けることをやめ「ある」部分に目を向けるようにするのです。

 

僕自身で言えば、学歴だったり、社会的地位だったりとない部分はたくさんあります。

ないというのは事実なので、その事実ばかりを気にして、自分にはないんだと考えていれば誰しもが自分のことを嫌いになっていくでしょう。

ですが、ないものはないのです。

考えていたって仕方がないものです。

 

そうやってないものに注視して嫌な気持ちになるくらいなら、あるものに注視するようにすれば良いのです。

 

確かに僕は学歴もないし、社会的地位もありません。

ですが、ゲームはほどほどに上手だし、論理的思考は得意だし、感覚に言語化も得意だし、将来叶えたい目標を持っているし、自分自身と向き合おうとする心の強さがあります。

 

普段目を向けていないだけで、目を向けてみればあるものはたくさんあるのです。

あるものがたくさんあるということは、それだけ自分を好きになれる要素があるということです。

 

これだけ自分のことを好きになれる要素があるにも関わらず、ここに目を向けずに欠乏にばかり目を向けてしまうのは、思考の癖です。

普段からないものにばかり目を向ける癖がついているので、自動的にすべて物事に対してそのフィルターを通して見るようになってしまうのです。

 

癖とは習慣であり、習慣を変えるには意識して行動を起こさなければなりません。

人が急にネガティブからポジティブに変わるということは起こり得ません。

まずは、意識的にないものではなくあるものに目を向ける訓練をするのです。

 

自分自身に対してはもちろんのこと、起きた物事、他人などこの世の全てのことに対して「ある」部分に注視するようにするのです。

 

そうして意識的に「ある」ものに目を向けていけば、自然と癖は書き換えられ、意識しなくてもできるようになっていくでしょう。

 

外的要因の「ある」と内的要因の「ある」

自分の「ある」部分に目を向けていくときに、一つ注意したいことがあります。

それは、外的要因の「ある」ではなく、内的要因の「ある」に目を向けるということです。

 

例えば、自分は愛されているという「ある」に目を向けたとします。

この「ある」は自分自身が持っているものではなく、他人に与えられているものです。

自分依存ではなく、他者依存の「ある」はあなたが持っているのではなく、他人が持っているものですので、それを「ある」にカウントしていても、揺るぎない好意を自分に向けることは難しいのです。

 

なぜなら、それは他人のさじ加減で「あったり」「なかったり」してしまうからです。

他者を介在させずに、自分の内側だけで完結することが出来るあなたの「ある」をしっかりと見るようにしましょう。

 

そうしていくことで、地盤が固まっていき、安定して自分を愛せるようになっていくのです。

 

 

 

まとめ

自分を好きになれないのはとても辛いことです。

たった一度の人生の、人生の物語の主人公を好きになれないなんて、この物語を結末まで観なければいけないぼくたちにとっては辛いことです。

 

どうせエンディングまで観なければならないのだったら、主人公を好きになれた方が楽しいとは思いませんか?

そのためにも、自分の欠乏にばかり目を向けることをやめるのです。

ないものに目を向けることをやめて、あるものに目を向けていくのです。

 

探せば「ある」ものはあるのです。

ないものがある人間はその反対にあるものもあるのです。

 

ただ、自分があると認識していないだけです。

そちらに目を向け、自分自身を好きになっていけば、自ずと自分を受け入れられるようになっていきます。

 

自分自身を好きになって、幸せな人生を送りましょう。

きっとあなたも心の奥底ではそれを望んでいるはずです。

 

【カウンセリング、コーチング始めました】
脱不幸をして自分らしい人生を送りたい人はこちらもご利用ください。
一緒に人生をより良くしていきましょう。

STORES 予約 から予約する