【脱不幸論】自分だけの人生を。

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

自分を褒める大切さ

こんにちは、たけうちです。

はじめましての方は、こちらの記事もご覧ください。

 

www.takeuchipsychology.com

 

自分を受けいれる、自分を認める、そういった自己受容的な生き方が大切だと、このブログでは何度も言っています。

今のありのままの自分を受け入れることは、自己実現的に生きるためのスタートラインになるからです。

 

大切である理由も何回も説明してきていますし、自分も出来ることならありのままの自分を受け入れられるようになりたいと感じている人も多いでしょう。

しかし、ここに大きな壁があると感じているのですが、自分を受け入れる、認めるといった言葉は、言語的には理解できたとしても、感覚に落とし込むのが難しいのです。

 

自分を受け入れてみてと言われて、すぐに自分を受け入れられる人はいないのではないかと思います。

 

僕自身もここが難しいなと感じていたのですが、褒めるという行為が一番効果的なのではないかと思ったので、今回はそれをシェアしていければなと考えています。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

僕たちが求めているもの

アダルトチルドレンを始めとする、心に葛藤を抱えている僕たちのような人間は、愛情飢餓感、承認欲求が強く心を蝕んでいます。

誰かに愛されたい、認められたいという欲求が僕たちに人生を苦しいものにしているのです。

 

自分自身で満たせない欲求をコントロールできない他者に求め、結果与えられないことに苦しむという沼から抜け出せないでいるのです。

 

自分自身を受け入れる、認めることが大切というのは、この愛情飢餓感や承認欲求という欠乏感を手放すために必要なことです。

他者を介在させないで自分自身で愛情を与え、承認することで、自分を苦しめる欲求を手放そうというのが、この自己受容の目的になります。

 

ですが、そう簡単には自分を受け入れられないですし、認められないものです。

自分が思い描く理想の自分とは裏腹に、現実の自分とは弱く、ダメな部分を抱えているので、それを受け入れることはひどく苦痛を感じてしまいます。

 

なので、受け入れることが大切なのはわかっていても、そう簡単に心は割り切ってくれず、いつまで経ってもありのままの自分を受け入れることができないのです。

 

褒めるということ

ですが、僕たちが求めている愛や承認が他者から与えてもらえない以上、そこは割り切って自分自身で補填していくしかありません。

僕たちに残された道はそれしかないのです。

 

自分を愛する、認めるにはどうしたらいいのかと悩むところですが、ここで大切なのは自分を自分で褒めるという行為です。

 

なぜ褒めることで自分を認めることができるようになるのかというと、褒めるという行為は「AからBにおいての肯定的な変化」を褒めるからです。

 

例えば、赤ちゃんが歩けるようになったときにすごいねと褒めるのは、歩けない状態から歩けるようになったから褒めるのです。

英語が話せるようになった人も、英語が話せない状態から話せる状態になったから褒められるのです。

つまり、人はある経過における成長に対して褒めるという行為をするのです。

 

そして、ここに自分を認めるためのヒントが隠されています。

成長の始点となるAは、ありのままの自分であり、ダメな自分であり、受け入れがたい自分であることが多いのです。

今の自分を受け入れられない人というのは、この始点Aの自分を受け入れられないから苦しんでいるのです。

 

ですが、自分で自分を褒めようとするときに終点Bだけを褒めようとするのは難しく、始点Aを同時に用意する必要があるのです。

すると、嫌でも自分の受け入れられない自分、ダメな自分を褒めるようになるので、結果的に自分を認めていくことが出来るようになるのです。

 

僕たちは自己否定感が強く、ダメな自分を許すことが出来ずに大人になってきてしまいました。

この自分を褒めるという行為は、強制的にダメな自分を肯定し、そんな自分を認められるようになっていくのです。

 

小さな成長を褒めていく

褒めるうえで大切なのは、過程を褒めることです。

得た結果のみを褒めるとなると、その欲しい結果を手に入れるまでは自分を認めることができません。

それでは結局苦しくなってしまいます。

そうではなく、現時点の自分からほんの少しでも前進したのであれば、それを肯定し、褒めてあげるのです。

ダメな自分から、少しでも良い自分に近づけたとしたら、それは成長であり、評価されるべきことなのです。

 

そして、褒めるときは始点を意識するようにしましょう。

例えばYouTubeの登録者数が100人を超えたとします。

 

自分を肯定できない人というのは、大手YouTuberと自分を比較して、自分なんてまだまだだと自分を卑下します。

 

ですが、始点はあくまでYouTubeを始めたてのあなたです。

大手YouTuberではないのです。

始点が今の自分ということが分かっていれば、0人から100人まで伸ばしたという成長は褒めるに値するのです。

 

どんなに小さな成長、変化でもいいのです。

動画を編集した。

動画を投稿した。

こういった結果ではない、結果に結びつく小さな過程ですら、褒めるに値する行動なのです。

 

そういった自分を認めていきましょう。

みんなが出来ていようが関係ありません。

あなたが進歩しているということが大切なのです。

 

 

 

まとめ

自分を褒めることで、自分を認められるようになり、受け入れられるようになります。

そのために必要なのは、結果だけを褒めるのではなく、過程を褒める姿勢です。

 

自分が少しでも行動を起こしたのなら、行動自体に褒める価値があります。

行動自体に価値があって、その行動によって生まれた結果というのは、副産物でしかないからです。

 

自分の頑張りを知っているのは他でもない自分自身です。

その自分が見て見ぬふりをせず、しっかりと自分を肯定してあげるようにしましょう。

 

【カウンセリング、コーチング始めました】
脱不幸をして自分らしい人生を送りたい人はこちらもご利用ください。
一緒に人生をより良くしていきましょう。

STORES 予約 から予約する