自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

愛されたいのに愛されない理由

こんにちは、たけうちです。

はじめましての方は、こちらの記事もご覧ください。

 

www.takeuchipsychology.com

 

恋愛や友人関係などの人間関係全般において、僕たちは相手から愛されたいと願っています。

普段から意識こそしていませんが、無意識の中では「大切に扱ってほしい」「受け入れてほしい」といった願望を持っているはずです。

 

ですが、愛されたいと願っていても現実は厳しく、大切にしてもらえなかったり、自分を否定されたりしてしまうことばかりで、自分を愛してくれる人なんていないのではないかと絶望してしまうくらい、人間関係は苦しいものです。

 

世間では愛されて幸せそうにしている人がいる一方で、どうして自分は愛されないのでしょうか。

自分に人間としての魅力がないからだと思いがちですが、実はそうではなく、自分を偽っていることが問題なのかもしれません。

 

今回の記事では、愛されない理由、そしてどうしたら愛されるかについてお話していきます。

 

 

 

 

愛されたいのに愛されない理由

僕たちの多くは心の奥底に愛情飢餓感を抱えています。

文字の如く、愛されたいと渇望する気持ちです。

 

だからこそ人との繋がりを大切にしますし、嫌われないよう、好かれるように努力をしますよね。

ですが、そういった愛されるための努力こそが、実は愛されない原因を作っているのです。

自分を偽ることが、愛されない根本的な理由なのです。

 

例えば、僕たちはしばしば他人から好かれようと努力をします。

他人に優しくしてみたり、弱点を隠してみたり、人間性が成熟しているように見せかけたり。

本来の自分とは違う自分を演じることで、相手から好かれようとするのです。

 

そうして作り上げた偽物の魅力に釣られた人間があなたの周りに集まってきます。

偽物のあなたを見て「あなたは素晴らしい」と価値を感じ、友人となったり、恋人になったりするのです。

 

ですが、ここで問題が起きます。

 

あなたの長所だけを見て寄ってくる人間は、他人を愛せない可能性が高いのです。

 

弱点を受け入れることが愛するということ

愛するということは、相手の全てを受容するということです。

それは長所は勿論のこと、短所も対象になります。

ですので他人を愛せる人というのは、相手の良いところも悪いところもひっくるめて受け入れ、認め、愛してくれるのです。

 

ですが、他人を愛せない人というのは、相手の弱点を受け入れることが出来ません。

一時的に我慢することはできたとしても、心の奥底では相手を非難し、認めることが出来ないのです。

 

自分の弱点を隠し、より良い自分を演出して生きていると、他人を愛せない人が寄ってきてしまう。

それがあなたが愛されない原因なのです。

 

良い自分を演じるな

愛されたいのであれば良い自分を演じないことです。

 

自分の弱点を弱点として認め、他人にも晒していきましょう。

背伸びをして大人のふりをするのをやめましょう。

愛のある人間のふりをするのをやめましょう。

 

あなたが愛されないのは「ダメなあなた」を隠すから、精神的に成熟していない人々が寄ってくるためです。

そして「ダメなあなた」を隠すのも、あなたが精神的に成熟していないからです。

 

ありのままでいいのです。

あなたは偽らなくても、十分に素晴らしいのです。

 

確かに小さい頃、弱点を非難された過去があるかもしれません。

ありのままの自分は許されず、迎合したり、愛のあるふりをすることでしか生き延びることはできなかったかもしれません。

 

ですがそれは過去のことですし、愛されなかったのは相手に愛する能力がなかったからです。

あなたが良くないから愛されなかったのではありません。

 

大事なことなのでもう一度言います。

あなたがダメだから、未熟だから、周りと違っているから愛されなかったのではありません。

相手に愛する能力がないから愛されなかったのです。

 

愛のある人間は、相手の弱点をマイナスとは捉えません。

確かに弱点ではあると認識はしていても、それにマイナスの評価をすることはないのです。

 

弱点はあって当たり前。

なのでそれを受け入れるのも当たり前なのです。

 

 

 

まとめ

あなたはいままで自分を偽り続けていました。

本来の自分から背伸びをし、幻想の自分にしがみついていました。

 

ですがそれは間違った努力だったのです。

みせかけの自分を着飾る努力ではなく、ありのままの自分を晒す努力をすべきだったのです。

 

確かに最初は勇気がいるでしょう。

あなたの認知では、弱点を晒すことは孤独を意味するので、怖くて当たり前です。

 

ですが、この恐怖に打ち勝たなけらばなりません。

ありのままのあなたでも愛されると信じてあげなければなりません。

 

はりぼてのあなたが愛されて何の意味があるでしょう。

はりぼてのあなたはあなたではありません。

弱くて、情けなくて、未熟で、情けないあなたが愛されるべきあなたなのです。

 

弱点を晒せば、人を愛せない人は勝手に離れていきます。

人を愛せる人だけが自然とあなたの周りに残っていきます。

 

ありのままの自分でいることが、あなたが愛されるためには重要なのです。

 

人を愛せない人に愛を求めることをやめて生きることが、あなたの幸せの第一歩なのだと思います。