自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

承認欲求との向き合い方

こんにちは、たけうちです。
はじめましての方は、こちらの記事もご覧ください。

 

www.takeuchipsychology.com

 

認められたい、自分の価値を感じたいという承認欲求はほとんどの人がもつ欲求です。

承認欲求を満たすために色々と行動を起こす人も少なくありません。

 

ですが、満たしても満たしても満たされない承認欲求に疲れている人もいるのではないかと思います。

 

どうすれば心は満たされて、承認を求めなくなるのでしょうか。

なぜこんなにも承認を求め、渇望してしまうのでしょうか。

 

今回の記事では、承認欲求との向き合い方をテーマにお話ししていきます。

 

 

 

承認を外に求めるな

僕たちは、自分の価値を感じたいという欲求を抱えています。

それゆえに誰かに認められること、価値があると思ってもらえることは自分を肯定する上で非常に重要な根拠となるのです。

 

ですが、承認欲求を満たしてくれと他者に求めることは間違っています。

承認欲求に駆られ、外に求めてもそこに探し物はないのです。

 

なぜなら、あなたが本当に必要としているのは自分で自分を認めることであり、他者に認められることではないからです。

 

なぜ外に求めるのか

なぜ承認を外に求めるのかと言えば、自分で自分を認められないからです。

誰かに認めてもらうことでしか、自分の価値を感じることができないのです。

 

小さい頃、ありのままの自分を受け入れてもらえなかったりすると、ありのままの自分でいいという感覚を養うことができません。

 

ダメな部分も良い部分も含めたあなたが素敵で魅力的なのに、自分で自分を認められない人にはそれが分かりません。

自分には何かが欠けていると思っていて、そんな自分を誰かに認めてもらうことでその穴を埋めようとしているのです。

 

本当は自分で自分を認めたいのだけど、どうしても自分を認められない人にとっては、自分を肯定する方法は他者からの承認しかありません。

 

だから、とにかく外の世界からの承認ばかりを求め、時に身を削り、時に自分を偽ったりして苦しい思いをするのです。

自分で自分を認める

僕たちは本当は他人の承認ではなく、自分で自分を認めたいだけなのです。

他人からの承認を根拠に自分を肯定しようとしているのがその証拠でしょう。

 

ですが実際は外に求める必要なんてないのです。

誰かが認めてくれたからという根拠など必要なく、ただ自分には価値があると思うから価値があると思うだけでいいのです。

 

自分を認められていない人は、他人から認められたところでその承認を信用できないから、結局はいつまで経っても自分を認められないのです。

自分はブスに違いないと思い込んでしまってる人がどれだけ周りから可愛いと言われても、心の底から自分を認められない限り、結局それはお世辞に聞こえ、馬鹿にされているようにしか思えないのです。

 

僕たちがすべきことは、承認を外に求めることはやめて、内側に求めるようにすることです。

自分で自分を認められるよう努め、他人に頼らずに自分の価値を見出すことです。

 

 

 

まとめ

あなたが思っているよりも、あなたには価値があるのです。

ダメな部分も、良い部分もひっくるめたあなたが、価値ある存在なのです。

 

どんな自分も受け入れて、ありのままに生きましょう。

自分を偽ることなく、他人に迎合することもなく、自由にありのままにしているあなたを、あなたが認めるのです。

 

こんな自分はダメ、あんな自分はダメと許可を出していないのは他でもない自分です。

それに気づき、自分を認められるようになると他者の承認も必要なくなってきますよ。