自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

愛されたい人が愛されない理由

こんにちは、たけうちです。

はじめましての方は、こちらの記事もご覧ください。

 

www.takeuchipsychology.com

 

僕たちは人間関係、特に恋愛になると相手に愛を求めてしまいがちです。

やはり愛されたいという欲求は誰しもが持っているものですから、それは特別おかしいものでもありません。

 

ですが、なぜか愛されたいと願う人ほど相手から大切にされない、相手から愛されないということが起こりがちなのです。

心当たりがある人もいるのではないかと思います。

 

どうして愛されたいと願う人ほど愛されないのでしょうか。

そこにはあなたの魅力とは別の原因が隠れていました。

今回は、なぜ愛されたい人ほど愛されないのかというテーマでお話していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

愛されない理由

結論から申し上げますと、愛されたい人は他人を愛せないから愛されないのです。

 

愛されたいなら愛しなさいという言葉を聞いたことがあると思いますが、その言葉通り人を愛さない人は愛されないのです。

 

みなさんはどんな人に愛情を持てるでしょう。

やはり、自分を大切にしてくれる人を人は大切にしたいと思うのではないでしょうか。

自分には何も与えてくれない、能動的に何もしてくれない人に対して人は愛情を持ちにくいのです。

 

ですが愛されたい人と言うのは、愛されたいという欲求が強すぎるが故に、相手を思いやったり、相手を尊重したりといった愛情を持った行動をとることができません。

 

常に自分が与えられることばかりを優先し、自分のことばかり考えているのです。

 

こういった姿勢は非常に自己愛的であり、自己中心的であるので、人を愛するということからは程遠いものなのです。

自分が得をすることばかりが気になって、他人を気にする余裕がないのです。

 

非常に要求がましく、ああしてほしい、こうしてほしいといった気持ちばかりで、相手を受容する姿勢がないため、相手を疲弊させていきます。

自分の欠乏感を満たすことだけに無意識に焦点が向いていて、相手をどうしたら幸せにできるかなんていう気持ちがないのです。

 

自分の欠乏感を満たすため、例えば愛されるために「自分のために」他人に優しくし、愛ある人間を演じることはあれど、純粋に相手の幸せを願って相手に与えるということはしません。

 

あなたからすれば、相手はただ、自分の欠乏感を満たすための道具にしか過ぎないのです。

 

そんな姿勢で、どうして愛されるのでしょうか。

そんな姿勢の人をあなたは愛せるでしょうか。

 

自己愛的行動は他人を遠ざけます。

最初はどれだけ大切に思っていた相手でも、自己愛的行動を重ねられると、人は大切に思えなくなってくるのです。

 

だから、毎回同じような恋愛の失敗を重ねてしまうのです。

 

愛されるために必要なもの

愛されるために、僕たちは自分の魅力を重要視します。

容姿がより良ければ愛される。

社会的地位がより良ければ愛される。

ブランドものを持っていればより愛される。

 

このように自分のステータスを魅力とし、この魅力さえあれば愛されるという風に思っている人が多いのです。

 

ですが、現実は違います。

 

勿論、そういったステータスを魅力とし、重要視する人がいることは否定しません。

ですが、そういったものを重要視している人は、あなた自身に価値を感じているのではなく、そのステータスに価値を感じているのです。

 

仮にあなたがステータスを理由に愛されたとして、それはあなた自身が愛されていることにはならないのです。

 

容姿を魅力とする人は、容姿が良ければだれでもいいのです。

社会的地位がを魅力とする人は、社会的地位が良ければだれでもいいのです。

ブランドものをを魅力とする人は、ブランドものを持っていればだれでもいいのです。

 

僕たちが大切にすべきは、そういったステータスのようなものではありません。

それらは、あなたを構成する1要素ではありますが、あなた自身ではないからです。

 

あなた自身とは、あなたの精神です。

つまりは、愛です。

あなたをあなたたらしめているもの、それはあなたの精神だけなのです。

 

あなたの精神性が成熟していること、愛ある人間であることが何よりも価値のあることであり、愛されるために重要な要素になります。

 

だから、愛されるには人を愛することが大切なのです。

自分のステータスを向上させ、いくらあなたの外装を取り繕っても、あなたの中身である愛情の部分が育っていなければいつまでも愛されることはないのです。

 

 

 

まとめ

大切なのは、自分の欠乏感に気づくことです。

愛されたいという欠乏感に気づき、自分が愛に飢えているということを認めることです。

 

そして、自己愛的行動をしてしまったら、そんな愛に飢えている自分を受け入れてあげることです。

そうすることで、心の中で暴れる渇望を抑えることができると思います。

 

その上で、相手がどうしたら喜ぶのか、どうしたら相手が幸せになるのかを考えながら生活することが大切です。

 

そうやって視点を自分から相手へと移していくことで与えられる人間になり、結果的に愛される人間になることでしょう。