自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

愛してほしい自分を自覚する

病んでいるとき、心に振り回されてるときの人はわかりやすいです。

 

全てがそうではありませんが、非常に愛情の要求が強く、行動や言葉から「愛してくれ」というメッセージが強く飛んできます。

 

こういった行動はむしろ人を遠ざけてしまう結果になりやすく、愛してほしいのに愛されないという負の無限ループにハマっていってしまうんですね。

 

ここでその要求に応えてくれる人もまた、愛情を求めている人の割合がとても高く、お互いに依存しあう関係になって沼へとハマっていきます。

 

なぜ愛情を求めている人が応えてくれるのかというと、愛してほしいとメッセージを飛ばしている人に愛を注げば、依存性が返ってくることが分かっているからですね。

 

依存性は愛ではありませんが愛のように感じるものなので、ついそういった要求に応えてしまいます。

 

ですが、結局結び合ったとしてお互いに愛を求めているが故にどちらも愛を与えることはせず、不満だけが募っていきます。

もしくは、最初はどちらかが無理をして愛を与えるフリをしますが、結局それは愛の真似事なので与えることが苦痛になっていくんですね。

 

このような形の恋愛を繰り返す人は多いです。

 

相手に要求ばかりしてしまっている。

しかしそれを自覚しきれていない。

 

なんとなくでも自分かなと思った人は、まずは自分が愛に飢えているのだと自覚することが大切だと思います。

そこがスタートライン。

 

例えば、辛い、死にたいなどと相手に言うことで自分はどうしようとしてるのかを考えてみることです。

自分なんてダメなんだと相手に言うことで自分はどうしようとしてるのか考えてみることです。

 

その行動の動機は、それを否定してもらうことで愛情を感じたいというものではないでしょうか。

 

別にそれで良いんです。

 

あなたは今愛情に飢えて求めてしまっている。

過去にそうなる出来事があって今そういう行動をとってしまっているだけです。

 

まずは素直に「あぁ、自分は愛情に飢えているんだな」と認めてあげて「寂しかったよね、辛かったよね」と自分に寄り添ってあげてください。

 

そしてそんな自分がどう生きていくのか、愛に飢えている自分でなお、愛を求め続けていくのか。

それとも自分の飢餓感に気づきながらも周りに与えていくのか。

 

こうやってこれからの生き方を考えてみることで、自分を客観的に見れるようになり、心に振り回されることが減っていくと思います。

 

恋愛は特に心の問題が現れやすい場でもあるので、そういった部分からも学んでいけるといいですね。