自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

他人に興味が持てない理由

他人に興味が持てないのですがどうしたらいいですか?

 

ラジオ配信でお悩み相談を受け付けているのですが、その際にこんな質問をいただきました。

 

その質問者さんは、他人に興味が持てなく仲良くなれない。それでいて自分は話題の中心でいたいそう。

 

そのときにしっくりとくる答えがあまりできなかったように感じたので、配信後改めて考えてみました。

 

なぜ人に興味が持てないのかというと、それは意識のベクトルが自分に向いているから、が答えなのではないかと思います。

 

そもそもなぜ他人とコミュニケーションを取るのでしょう?

 

人によって理由は様々ですが、意識のベクトルが自分に向いている人は、無言でいるのは気まずいからだとか、好きになって欲しいからとか、自分の話を聞いてほしいとか、自分に注目が向いてほしいとか、ねっこの部分の理由は自分がこうしたいからという理由なはずです。

 

これだと自分に興味がある状態なので、相手にまで興味はいかないですよね。

 

そうではなくて、意識のベクトルを外の世界に向きを変えます。

 

目の前にいる人を主軸に物事を考えてみるんですね。

 

この人はどんな過去があるのか、前話してた内容に進展はあるのか、どんな性格でどんな価値観なのか。

 

コミュニケーションの動機を、相手を知りたいという動機に切り替えるんですね。

 

そうやっていくことで、相手に興味を持っている行動を取ることができます。

 

自分の印象をよくしようとか、自分が注目を浴びたいだとか、そういった自己愛的動機でコミュニケーションをとる限り、意識のベクトルは内側に向いたままです。

 

自分のことはどう思われてもいいから、とりあえず相手に意識を向けてみる。

そして興味を持ってコミュニケーションをとっていく。

 

そうしていった先にストレスのないコミュニケーションが待っているのではないかなと思います。