自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

自己受容感の重要性

こんにちは、たけうちです。人は自己肯定感と向き合う過程で、自己受容の問題にぶつかることがあります。

特に、アダルトチルドレンの傾向を持つ方々にとって自己受容感は重要なテーマですので、ここをしっかりと理解して、着実に自己肯定感を高めていきましょう。

 


 自己肯定感を高める際の落とし穴

自己肯定感を高めるためには、自己受容感の重要性を理解することが欠かせません。ポジティブな捉え方や環境の整備も重要ですが、これらだけでは本当の自己肯定感は築けないんです。

というのも、自己受容感がいわば土台であり、その上に自己肯定感が出来上がっていくので、基礎が不安定な家屋が簡単に崩れてしまうのと同じように、自己受容感がしっかりしていないと簡単に自己肯定感というものは崩れてしまいます。

そんな大切な自己受容感を理解するため、この記事では自己受容感の根本的な意味と、その育て方について考えてみます。

 


 自己受容感を高めるために

自己受容感

自己受容感とは、自分自身をありのままに受け入れる能力です。これが自己肯定感の基盤となり、自己評価をポジティブに保つための土台と言えます。

「受け入れる」とは何か

自己受容感を育むためには、まず「受け入れる」ことの真の意味を理解する必要があると思います。

受け入れるとは、どんな自分であっても良いと許可し、自己評価に敵対する考え方から脱却することです。自分に優しく寄り添う視点を養っていくことで、自己肯定感を築く土台を固めることができます。

認知の歪みに気づく

自己受容感の低さは、自分の認知が歪んでいることに起因することが多いです。なので、まずは自分が認識している常識だとか、価値観が本当に正しいのかどうかを考え直す必要があります。

たとえば、外見やスキルの面で自分が他人より劣っていると感じることがあれば、本当に劣っているのか、そもそも劣っていることは悪いことなのか、というところを追及していきましょう。

基本的に、他人に意図的に迷惑をかけていなければどんな自分でいても問題はありません。

 


まとめ

自己受容感は、自己肯定感の基盤であり、自己理解の深化を促す要素です。ただし、単純にポジティブな捉え方だけでなく、自分の劣等感と向き合うことが不可欠です。受け入れる感覚をしっかり理解し、自己評価に対する見方を変える努力を通じて、自己受容感を培っていくことが大切です。

 


本物の自己肯定感への一歩を

この記事では、自己受容感の重要性について考察しました。自己肯定感を本物のものにするためには、自己受容感を育むことが欠かせないことが理解できたと思います。自己受容感を心に抱き、自分の成長と幸福に向けて前進しましょう。