自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

好かれるための努力はやめよう

こんにちは、たけうちです。

 

毎日なんだか不満を感じたり、人間関係が億劫になったりする。

友達と会うと楽しいけど疲れてしまう。

こういった感覚は、本心を抑圧していることが原因だったりする場合があります。

心を頭で制御し続けるので、その分エネルギーを消耗してしまうんですね。

 

もしも、なんとなく自覚がある人は、自分の努力の方向性が間違っていたことに気づくべきなのかもしれません。

 

今回は、好かれるための努力と正しい努力についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

アダルトチルドレンを始めとした神経症傾向をお持ちの方の中に、好かれるために努力をする人がいます。

 

他人の顔色を伺い、自分の意見を押し込め相手に迎合する。

本当の自分では好かれないと感じているから、本当の自分を晒すことはできないと思って、良い自分を演じている。

他人から嫌われるのが怖く、行動理念が嫌われないこと優先になっている。

 

こういった好かれるための努力をしている人は、相当な努力をしていると思います。

常にコミュニケーションでは気を張り、常に嫌われないような正解の解答を出し続けなければならないので、コミュニケーションをとるだけでエネルギーを多く消耗します。

 

ここで考えていただきたいのは、嫌われないようにしているこの努力が、本当に自分のためになっているのかということです。

 

好かれるための努力は言わば、本当の自分を裏切る行為です。

本音を押し殺し、自分を蔑ろにすることで相手から好かれようとしているわけで、これは自分を裏切っていることになるのです。

 

なぜコミュニケーションを取るだけで心が疲弊するのか。

それは、本音を裏切っているからです。

本音に従って行われるコミュニケーションには疲れというものは存在しないのです。

 

自分を蔑ろにするからコミュニケーションが疲れるし、人間関係がめんどくさくて億劫になるのです。

 

自己受容の観点からしても、自分を裏切る行為というのは本当の自分を認めていない、つまり本当の自分を受け入れていないことになるので、人前で自分を偽り続ける限り自分を受け入れることはできません。

 

もう、人前で自分を偽るのはやめましょう。

他人から好かれるために自分を裏切ることはやめましょう。

 

そんな辛い努力を、間違った方向性の努力を続けても、あなたの心が削れていくだけです。

 

あなたは今まで十分頑張りました。

僕は、それだけ頑張れているのだから、その努力のベクトルを正しい方向に持っていくのも良いのではないかと思うのです。

 

正しい努力というのは、自分を偽らない努力です。

自分を大切にする努力です。

自分を裏切らずに、嫌われるかもしれない恐怖と戦い続ける努力です。

自分を愛する努力です。

 

この努力は、本当の自分を世界に晒す行為です。

いままで他人に見せてはいけないと思ってきた自分を、勇気を出して他人に見せなければいけません。

 

自分を偽ってきた期間が長ければ長いほど、この恐怖は強く、最初の一歩目は非常に勇気が必要になるでしょう。

 

ですが、あなたは既にたくさんの努力をしてきているのです。

あなたは努力が出来る人間なのです。

ただ、努力の方向性を変えるだけ。

なんだか出来そうな気がしてきませんか?

 

今のまま生きることも、正しく努力する生き方も、あなたは好きな方を選べるのです。

あなたが選択するのです。

 

どちらの人生を生きたいか、しっかりと考えてみてください。

自分を裏切り、他人に隷属し、他人軸で生きる人生か。

自分を愛し、自分の意思を持ち、自分軸で生きる人生か。

 

 

 

自分の生き方を決めるのは他でもないあなたです。

好かれるための努力ではなく、自分を好きになる努力をしてくれることを願っています。