自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

生きるのが辛くなる理由

 

 

「生きるのが辛いのは、その場で足が止まっているから」

 

 

 

 

 

なぜ生きるのはこんなにも辛いのかと、苦しい思いをしている人もいるでしょう。

 

毎日頑張って生きているのに、何故かこのつらさが晴れない。

 

いつまでも付き纏ってくる。

 

私だけいつも不幸で不公平だ。

 

こんな風に思ってしまっているかもしれません。

 

どうして生きるのが辛いのかと言えば、それは問題に苦しめられてるからではなく、その場で足が止まっているからです。

 

決して問題自体があなたを苦しめていることはありません。

 

進むべき方向に行くのを避けているからずっと不幸なんですね。

 

その進むべき方向というのは、例えば自分と向き合うことだったり、勇気を出して踏み出すことだったり、諦めることだったり。

 

現実的な問題を解決する場合もあれば、心理的な問題を解決する場合もあるでしょう。

 

とにかく今、自分に起こっている問題に正面から向き合って、それに対して足を進める。

 

前に、前に、勇気を出して歩みを進めていく。

 

それが、辛さを感じるかどうかの分岐点になっているんです。

 

 

仮に問題を解決しようとして失敗しても、前に進めていたら辛さは感じることはないです。

 

なぜなら前に進んでいるからです。

 

どれだけ小さな一歩でも歩みを止めないことが、辛さから脱却する力になるでしょう。

 

 

 

前に進んでいるのにまだ辛さが抜けないとしたら、もしかしたら本音とは違う行動を起こしているのかもしれません。

 

無意識のうちに世間の評価や一般論、常識なんかに囚われてしまうと、意識の中での自分の望みは捻じ曲げられてしまいます。

 

しっかりと本当にやりたいことを感じてあげて、抑圧や迎合をせずに生きていくことが大事ですね。