自己理解、自己受容を通して自己実現するためのブログ

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

認めるのは肯定することではないです!

よく、自分の悪いところも認める、受け入れるのが大事と言いますし、僕もよく言っていますが、認めるというのは肯定するということではありません。

 

ここを間違って肯定していってしまうと、自分の悪いところを反省できない開き直りモンスターが出来上がります。

 

嫌でしょ笑

 

数字で例えるなら、-1=-1が認める、受け入れるということです。

 

-1=1と言ってしまうのが肯定してしまうということです。

 

自分が嫉妬深い人間だとして

 

ああ、私は嫉妬深い人間だなぁと思うのが認める、受け入れるということです。

 

嫉妬深いのなんて何の問題もないじゃん!このままでいこう!としてしまうのが肯定してしまうということです。

 

なんとなくわかりますよね。

 

良くないものは良くないと認めないといけません。

 

自分の弱点は受け入れるのにすごく勇気がいります。

 

本当に苦しいですし、嫌な気持ちになります。

 

ですが、今の自分は実際にそうなんです。

 

そこを心の底から受け入れて、今はそれでもいい。だけれどいつかそんな弱い自分に打ち勝つと心に誓わないといけません。

 

 

 

人間弱点があって当たり前なんです。

 

だから弱点があったって問題はありません。

 

それが普通ですから。

 

ですが、自分が弱点と認識している以上そこは乗り越えなければなりません。

 

そこをこえる勇気が持てるかどうかが大切なのだと私は思っています。