【脱不幸論】自分だけの人生を。

自己理解、自己受容を通してなりたい自分になるお手伝いを。

ありのままの自分で生きる方法

こんにちは、たけうちです。

はじめましての方は、こちらの記事もご覧ください。

 

www.takeuchipsychology.com

 

僕はこのブログで、幸せになりたいと願っている人はありのままの自分で生きるよう伝えています。

自分を偽ることは自己否定であり、それをやめない限りは自分を受け入れていくことにはならないからです。

 

ですがその過程を経るタイミングで、一つの壁にぶつかる人が多くいるように感じます。

その壁とは、ありのままの自分で生きることの難しさです。

自己愛まみれのありのままの自分を隠すことなくさらけ出して生きることは、コミュニケーションをとる場面において非常に生きづらく、結局自分を抑圧しないとコミュニケーションをとることが出来ないという状況になってしまうのです。

 

どうしたらありのままの自分で生きたとしても、人間関係に問題を起こすことなく生活が出来るのでしょうか。

今回の記事では、ありのままの自分で生きる方法についてお話していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

ありのままの自分で生きるには

ありのままの自分で生きると人間関係にエラーが出てしまうから自分を出すことが難しく、結局自分を抑圧し、偽った生き方をしてしまうというのは、自分の中に愛が育っておらず、自己愛的な視点で生きているからです。

自己愛的に物事を考えるから、相手を思いやった行動がとれず、自分本位な生き方になってしまうのです。

だから自分を大切にして生きると、他人を大切にすることが出来なくなるのです。

 

このことからも分かる通り、ありのままの自分で生きるうえで必須となるスキルが、愛するという能力になるのです。

愛する能力をどのようにして培っていくか、これが非常に大切なってきます。

 

自己愛性を認める

愛する能力を培っていく上で必要になってくるのが、自分の自己愛性を認めるという工程になります。

 

今まで人に優しくしていたのも、愛のある行動をしていたりしていたもの、全ては相手に好かれるため、嫌われないため、愛されるため、認められるためにやっていただけであって、相手のためではなく自分のためにやっていたということを認めないといけないのです。

 

自己愛性の人は自分のために生きています。

相手の幸せを願うことなく、自分の幸せのために自分を偽り、それで相手をコントロールして生きているのです。

 

そういった自分の未熟な部分を素直に認め、自分は大層な人間ではないということをしっかりと受け入れるのです。

 

何故自己愛性を認識しなければならないのかというと、人間の成長過程は、自分の問題点を認識し、それを反省して改善していくというステップを踏むからです。

まずはスタート地点である問題の認識というフェーズとして、自己愛性を認めていくことで現状を改善していくことが出来るでしょう。

 

自己愛性を手放す

今まで自分の幸せのために自己愛的に生きてきたことを認めたのなら、次はその自己愛性を手放ししていきます。

 

どうするのかというと、どうしてそこまで自己愛的になってしまったのかを考えていくのです。

自己愛性とは欠乏感から生まれます。

愛、承認、価値など、自分が必死になって他人からもらおうとしているものは何なのかを、自分の行動から見つけていくのです。

 

例えば自分が他人に優しくしているのが好かれるためだったとして、どうして好かれたいのかと言えば、愛されたいという欠乏感がその裏側に隠れている訳です。

そこで自分が愛されたいという欠乏感を抱えていることに気づけたのなら、自分で自分に寄り添ってあげて、愛されたかったんだなと認めるのです。

 

そして自分が欲しがっていたものを、自分で自分に与えていくのです。

どんな自分でもいいんだ、他人に優しくしたりしなくても自分は愛されるんだと自分を信頼していきましょう。

 

そうやって自分の欠乏感を他人からもらうのではなく、自分自身で補完するようにしていけば、自己愛的に生きる必要もなくなってくるのです。

 

愛を手に入れる

自己愛性を手放していくと、自然と他人に愛を持って接することが出来るようになります。

愛と自己愛というのは表裏一体のようなもので、自分に意識が向かっていれば自己愛、相手に意識が向かっていれば愛となるのです。

 

その愛をもって、相手の幸せを常に意識しながら生活していくのです。

相手の弱さを許し、認め、受け入れ、尊重し、興味関心を持ち、肯定していくことで、

自分を偽ることなく相手とのコミュニケーションを円滑にとることができるようになるでしょう。

 

大切なのは、自分に対しても相手に対しても同じ愛で接するということです。

愛とはつまり価値観であり、相手を受容するような価値観を手に入れることによって、自己愛的に生きなくて良くなるのです。

 

 

 

まとめ

ありのままで生きる方法、自己愛性を手放し、自分を愛していくことです。

 

ありのままで生きられないのは、自分の精神が未熟で自己愛的に物事を考えてしまうからです。

そのまま自己愛性を隠さずに生きることは難しいので、どうしてもありのままで生きられないのであれば、自己愛性を手放して愛のある人間になってしまえばいいのです。

 

そのためにまずは自分が自己愛が強い人間だということを認め、その自己愛性を手放し、愛をもって人と関わっていくことが大切なのかなと思います。

 

自分を偽って形だけを取り繕って誤魔化してきたから、いま苦しいのです。

間違えた努力をしてしまった僕たちは、問題の本質と向き合わなければならないのです。

 

ありのままで生きるとコミュニケーションをとることが難しいのは、コミュニケーションをとるのが下手なのではなく、あなたが愛されないような価値のない人間だからでもなく、あなたが相手を愛せないからです。

愛する能力がないからあなたは人間関係に苦しんでいるのです。

 

でも、あなたが愛せないのはあなたのせいではありません。

人は愛されたようにしか愛することが出来ません。

 

つまり、親から与えられた愛のせいなのです。

ですがこれは親が悪いとかそういう話でもなく、親の愛が原因となっているというだけの話で、その愛で育ってしまった僕たちがすべきことは、愛せない親を怨むことでもなく、自分の運命を呪うことでもなく、その自分の運命を受け入れてこれからどう生きていくのかという話なのです。

 

大丈夫です。

しっかりと向き合って努力していけば必ず幸せになれます。

ありのままで社会を生きていくことができるようになるのです。

 

自分が幸せに生きられる生き方がどれかをしっかりと考え、それに向かって行動していきましょう。

 

【カウンセリング、コーチング始めました
脱不幸をして自分らしい人生を送りたい人はこちらもご利用ください。
一緒に人生をより良くしていきましょう。

STORES 予約 から予約する